鉄欠乏性貧血の薬に関する注意点

鉄欠乏性貧血の薬

効果的な鉄欠乏性貧血の薬

鉄欠乏性貧血で用いられる薬は「鉄剤」とよばれるものです。鉄剤は市販されているものも多くありますが、処方される薬のほうが鉄分を多く摂取できます。またサプリメントや鉄分が摂取できる飲み物といった商品は、あくまで補助的な役割となります。鉄欠乏性貧血の治療としては処方された鉄剤がよいでしょう。

市販薬の注意点

処方された薬の場合でしたら、鉄欠乏性貧血の症状に応じて薬を選定していますが、市販薬を購入する場合は薬剤師に相談するのがよいでしょう。市販の薬の場合は貧血の症状に効果がありますが、鉄欠乏性貧血の種類によっては効果が得られないものもあります。市販薬を購入する場合でも、その効能や種類を自己判断することはおすすめできません。

副作用がある

鉄分を摂取することにより、副作用が現れることがあります。鉄が胃や腸の粘膜に影響を及ぼすことが原因で、胃のむかつきや吐き気、食欲がなくなるといった症状がでることがあります。このような副作用が出た場合でも、なるべく症状を和らげるために医師に相談するとよいでしょう。

なるべく水と一緒に

薬を飲む際に、飲料に含まれる物質が鉄を取り込むことに悪影響を与えることがあります。処方される薬の場合には、鉄分が多く含まれているためにあまり心配する必要がありません。問題は市販薬の場合です。効果に影響が及ぼす可能性があります。なんにせよ、薬は水と一緒に飲むようにするべきでしょう。

広告募集中