鉄欠乏性貧血の原因を考えた治療やその期間

鉄欠乏性貧血の治療や期間

鉄欠乏性貧血の原因を考えることから

鉄欠乏性貧血や貧血の治療を始める前に、その原因を探ることが必要です。その原因は単純に鉄分の供給量が足りていないことなどがありますが、場合によって癌などの大きな病気が隠れていることもあります。もしも体内で内臓からの出血が確認された場合には、止血するための治療が必要となります。

鉄剤を服用する

鉄欠乏性貧血の治療の基本となるのが鉄剤を服用することです。通常ですと一日に1、2回服用する必要があります。鉄剤を服用することによって副作用が現れるケースがありますので、場合によっては鉄剤の種類を変えることがあります。

血液の検査をしながら治療を行います

鉄欠乏性貧血の治療をはじめると、鉄分の濃度を示すフェリチンの数値が、一般の数値に戻ることを目安として血液検査を定期的に行います。もしフェリチンが正常になった場合でも、しばらくは鉄剤を服用する必要があります。半年~1年の期間かけて治療を行うと考えたほうが良いでしょう。

広告募集中