鉄欠乏性貧血の場合の日常生活における注意点

鉄欠乏性貧血で注意するべきこと

日常生活で気を付けること

鉄欠乏性貧血とは赤血球の大きさが通常よりも小さくなってしまった場合の貧血を指します。赤血球の働きは、身体の全体に酸素を送り届けることです。鉄欠乏性貧血によって、めまいや息切れと言った症状が目立つようになると、貧血や鉄欠乏性貧血を疑うべきでしょう。また鉄欠乏性貧血の状態では無理をせずに、薬や食事で少しずつ改善していく必要があります。

疲れすぎないように工夫しましょう

貧血の状態とは赤血球やヘモグロビンの量が少ない状態であり、赤血球は全身に酸素を送っていますので、貧血の場合は酸素の濃度が低くなってしまいます。身体を動かすと、その分、全身に酸素が必要となってきますが、貧血の状態ですと、酸素が足りない為にめまいや息切れといった症状が起きてしまいます。貧血の症状がある場合は無理をせずこまめに休むことや、十分な睡眠を心がけると良いでしょう。

衛生面に気を付けましょう

貧血の時あまり意識することは無いかもしれませんが、衛生面に気を付ける必要があります。貧血や鉄欠乏性貧血といった状態ですと、身体の抵抗力が低くなってしまっています。そのため、感染のリスクが高まってしまうのです。外から自宅へ帰った時は手洗いやうがいなどを徹底すること、お風呂の温度は低めで、長風呂を避けましょう。

身体を冷やさない

貧血の症状として、手足などの末端が冷えることがあります。これは酸素が不足していることや、代謝が悪くなっているためです。身体を温めることで、血のめぐりを良くすることが出来ます。さらにはマッサージを行ったり、足湯や湯たんぽを使用するといった工夫をすると良いでしょう。

広告募集中