鉄欠乏性貧血の原因や予防するための食事を考える

鉄欠乏性貧血の予防

鉄欠乏性貧血が起こる原因

まず、鉄欠乏性貧血は血液中の赤血球の大きさが、通常と比べて小さい場合のことをいいます。その原因としては、鉄分を摂る量が少なく、ヘモグロビンが少なくなるためです。そのため、めまいや頭痛、疲労を感じやすいといった症状が引き起こされます。

鉄分が少なくなる理由

鉄分が足りない理由は、単純に鉄分を摂る量が少ないこと、成長期などにおいて鉄分を必要としている量が多くなっていること、栄養がバランスよく摂れていないこと、大量に出血したなどといった要因で鉄分が失われてしまったことなどが挙げられます。

一日にどの程度摂るべき?

一日分の鉄分摂取量の目安は、成人男性の場合が7mg、成人女性の場合ですと月経で無い場合が6mg、月経である場合が10.5mg程度摂取することが望ましいとされています。

普段気を付けること

鉄欠乏性貧血は成長期や妊娠などの影響で引き起こされるケースがあります。普段は鉄分が足りていたとしても、自分の状況に応じて鉄分を摂取する量を考える必要があることを理解しておくことが大切です。

広告募集中